オフィスでの秘書の業務

オフィスに欠かせない秘書の特徴

オフィスでの業務内容や心配り

秘書とは、要職に就く人の庶務や機密文書を取り扱う重要な職です。オフィスでの特徴は電話対応や、出張の手配など一見一般事務と変わりないように見えますがその内容は千差万別と言えます。秘書は上司の右肩ともいえるべき存在で、仕事内容もほかの人からは見えづらいということもあります。 このようなことから、周囲からは把握しづらい仕事をこなしているため一見地味に見えるという特徴もあります。しかし、上司の仕事をサポートしているため仕事をうまく進められるよう常にアンテナを張って仕事をしています。仕事がスムーズに行えるのは、上司をサポートする秘書の存在が大きいと言えます。 秘書になるためには、秘書検定やCBS検定などがあります。ただ、事務職として就職してある程度のスキルが身に付くとなれる職でもあります。経営陣などの近くで仕事をすることで、オフィスで必要になるコミュニケーション能力や情報処理能力が身に付きます。 このように、一見華やかに見える仕事ですがさまざまなことに配慮して仕事をこなしています。ただ、たくさんの業務をこなす中でオフィスには欠かせない存在になっていることも確かです。働くことで、自然とより高い能力を身に着けることも特徴的な仕事でもあります。

バックナンバー

オフィスの深い情報

↑PAGE TOP