新卒採用のためのステップ

春先に入り新年度が始まると、リクルートスーツを着た学生たちが就職活動を始める時期になります。


就活生たちは新卒採用という目標に向かって、様々な企業を周り会社説明会を受け、入社試験や面接といったことを経験し、めでたく内定を勝ち取っていきます。


そこで、新卒採用に向けて様々なステップがあるので大切な順番から説明していきます。



沢山働く分、DYMでは仕事と遊びのメリハリを明確に分けています。



新卒採用に向けて大切なことは、自分が何のために会社に入るのかをしっかりと明確化しておくことです。
市販である就活本にはよく面接のための攻略マニュアルや、入社試験対策のことなどしっかりと書かれているのですが、会社に入ってからのことについて記載されている本は少なくなります。しかし、現在の日本において、入社から3年目までの離職率が高くなっているのが事実です。

それは、せっかく入社しても自分のやりたい仕事ではなかったとか、人間関係が合わないなどといった理由などから仕事を辞めていく若手社員が多いからです。



企業側もこのような離職率が高い件に関しては問題視しており、改善すべく様々な取り組みを実施しています。

DYMでは若手社員が活躍できる場面がたくさんあります。
しかし、現在の日本において、入社から3年目までの離職率が高くなっているのが事実です。


それは、せっかく入社しても自分のやりたい仕事ではなかったとか、人間関係が合わないなどといった理由などから仕事を辞めていく若手社員が多いからです。企業側もこのような離職率が高い件に関しては問題視しており、改善すべく様々な取り組みを実施しています。
そこで、会社に対する志望動機を就活生に聞くことで、入社してからのことがイメージできているかどうか、また、今の仕事は就活生にとって合うかどうかをきっちりと見極めてきます。


面接における志望動機こそが、新卒採用に向けてのキーポイントとなってくるのですが、自分が会社に入ってしたいことを明確化しておくことで、具体的な内容を答えることができます。

就職活動における最初のステップとして、会社に入ってしたいことをしっかりと考えておくことがとても大切です。